スポンサーリンク

年末の大掃除から、お正月準備、お正月のお楽しみを絵本で伝える!

年末年始お正月の絵本
この記事は約22分で読めます。
地蔵
地蔵

もーーーー、いーくつ、寝るーとーー♪おしょーーがつ~♪♪

もっさん
もっさん

お正月が来る前に大掃除しなくちゃ!買い出ししなくちゃ!お飾り飾らなきゃ!

お正月になったらいっぱい御馳走食べて、遊んで、お年玉♪

クリスマスが終わると、あっという間にお正月♪。日本のお正月は、良い年がお迎えできるようにいろんな事に意味が込められていますよね。大掃除の意味やお飾り、おせち料理、せっかくなので日本のお正月を子どもたちにも楽しみながら知ってほしい。年末~お正月を伝える絵本をご紹介します。

お正月準備~お正月をお迎えする絵本

くまのこのとしこし

くまのこの としこし 絵本 作: 高橋 和枝 出版社: 講談社 絵本ナビで見る

くまの親子が年越しまでの準備をします。大掃除、年賀状、買い出し、お飾り。くまのこも自分なりに年越しの準備。除夜の鐘までの年末の流れをくまの親子で説明してくれるので、こどもたちに年末を伝えるのにぴったりの絵本です。読み聞かせ6分

おしょうがつのかみさま

おしょうがつのかみさま 絵本 作: おくはら ゆめ 出版社: 大日本図書  絵本ナビで見る

大掃除を終えて、お飾りを飾って、神様が来るのを待つ動物たち。やってきた神様は?なんと鏡餅‼️鏡餅の神様といっしょにお持ちを作って食べて、遊んでお正月をのーんびりと満喫しちゃう。楽しいお正月を動物たちがすごします。読み聞かせ4分

もうすぐおしょうがつ

もうすぐおしょうがつ 絵本 作・絵: 西村 繁男 出版社: 福音館書店 絵本ナビで見る

動物がキャラクターですが、人間の年末を描きます。 年末におじいちゃんおばあちゃんの家に行き、大掃除のお手伝い、お餅をついて、商店へ買い出し、お飾りをして年越しそば、除夜の鐘まで。4歳くらいから

おもちのきもち

おもちのきもち 絵本 作: かがくい ひろし 出版社: 講談社 絵本ナビで見る

おもちって、大変らしいです。おもちのぼやきから始まるこの絵本。鏡餅になった餅は、食べられまいと逃げ出します。そして途中、お腹がすいて、人間がしているように自分を食べてみるのですが、「おいしい😋」どんどん自分を食べていって、、、。面白い発想の絵本です。読み聞かせ3分

十二支のおはなし

十二支のおはなし 絵本 作: 内田 麟太郎 絵: 山本 孝 出版社: 岩崎書店 絵本ナビで見る

みんな知ってるおはなしですが、山本さんのイラストが迫力があって面白いです。 神様が「1月1日に挨拶に着た順番で1年の大将にしてやるぞ」といって競争するおはなし。ネズミが、猫に2日だと嘘をつき、牛の背中にのって1番を勝ち取るあれです(笑)。読み聞かせ7分

開運えほん

開運えほん 絵本 作: かんべ あやこ 出版社: あかね書房 絵本ナビで見る

日本のお正月に出てくる食べ物やグッズ、いろんな意味がありますよね。門松、鏡餅、お節料理、お雑煮、だるま、七福神、ししまい、七草粥、いろんな思いが込められています。かわいいイラストで楽しく説明してくれます。

あけましておめでとう

あけましておめでとう 絵本 作: 中川 ひろたか 絵: 村上 康成 出版社: 童心社  絵本ナビで見る

新年を迎え、しめ縄、かどまつ。だから「あけましておめでとう」。おせちを食べたり、みんなで遊んだり、初詣に行ったり。何度も「あけましておめでとう」と言って新年が楽しくなる絵本です。読み聞かせ4分

開運だるまを作ってみよう(絵本紹介もあるよ)

404 NOT FOUND | もっさんみいこのキッズアートと絵本の図鑑
~自分で考えて、自分で作る力を子どもたちに~

お正月って、日本の素晴らしい文化です。平和で幸せに過ごせるようにという願いが、たっくさん詰まっていますよね。お飾りやおせち料理の意味を知ると、ご先祖様から受け継がれる大切な気持ちを感じることができます。家族みんなで過ごしたり、新年を迎え新しい気持ちになったり、いつもとちょっと違う数日間。その意味がわかると、より味わい深いものになりますよ。

絵本って、色んなことを学ばせてくれるんです。説教臭くなく、楽しく伝えてくれるのが良いですよね。